• 弊社はマッスルスーツの正規販売店です。
    マッスルスーツは株)イノフィスの登録商標です。
  • マッスルスーツ カタログ
  • マッスルスーツ レンタル
 
マッスルスーツス新型タンドアローンモデル

既存モデルに比べ背中に密着して装着。狭いスペースでの作業も問題ありません。

補助力は手動式空気入れで調整できます。空気注入が終わったら空気入れをはずします。

マスクをした現場でも、問題ありません。

狭い場所でも難なく使えます。

2016年3月31日 コンプレッサ、タンク、制御不要の「着るだけで効果を得られるマッスルスーツ スタンドアロンモデル発売


スタンドアローンモデルとは

 従来のマッスルスーツ(標準モデル・軽補助モデル)をベースに、動力源となる高圧空気を人工筋肉の中に封して弾性力を持たす事によって、コンプレッサーへの接続不要、スイッチでのコントロール不要、電源も不要とした腰補助用マッスルスーツの新モデルです。
 
  使用前にハンドポンプで人工筋肉内の空気を圧縮しておき、「腰を曲げる又は腰を落とす」ほど、人工筋肉により、自然な「腰を起こす」補助力を得ることができます。従来モデルのように、圧縮空気の注入・排出で補助力を発生させませんので、コンプレッサにエアホースで繋ぐ必要も無く、エアタンクの背負う必要もありません。人が補助力を制御する必要も無くなったので、マッスルスーツの装着を意識することなく業務に集中できます。マッスルスーツシリーズながらもスタンドアローンモデルは、モデルネームのとおり、従来モデルよりも利便性が秀ででいます。


特徴

【スタンドアローンモデルの特徴】

・強力な補助力

最大補助力約25kgf

・着脱が容易

慣れると一人で約10秒で装着可能
   

・高い安定性

 モーター等の駆動系電気部品の使用なし
       

【スタンドアローンモデル 固有の特徴】

・1日保持する空気圧

コンプレッサや高圧タンク不要
      ⇒装置小型化、移動制限なし、軽量化、日常的な消耗品なし 

・補助力調整可能

      ⇒業務や装着者の筋力に合わせて、最適な補助力に設定ができます 
   

・コントロール不要

 
      ⇒操作の「慣れ」は必要なく、誰でもお使いいただけます
   

・バッテリーレス

 
      ⇒バッテリーの残量を気にせずに使えます

種類は「タイトフィット」「ソフトフィット」の2種類

【タイトフィット】

 使う前に好みのエア圧に付属の手動式空気入れで調整し、人工筋肉の収縮・膨張力だけを利用します。外部動力・電源・操作不要で従来機よりも幅広い環境で使用可能になりました。
持上げや前傾姿勢に対して、好みの補助力で装着者の腰を守ります。
     
【ソフトフィット】
     タイトフィットに比べ、直立時に歩き易くしています。
       

弊社マッスルスーツ担当者のスタンドアローンモデルのレビュー

コメント

マッスルスーツスタンドアローンモデルのご紹介
※動画内機種は旧型スタンドアローンモデルですが、使用方法は新型も同じです。