• 弊社はマッスルスーツの正規販売店です。
    マッスルスーツは株)イノフィスの登録商標です。
  • マッスルスーツ カタログ
  • マッスルスーツ レンタル
 
荷積み作業にマッスルスーツ

移乗介助 介護現場にマッスルスーツ

倉庫 荷役作業にマッスルスーツ

製造・加工現場にマッスルスーツ

農業・酪農作業にマッスルスーツ
  

「マッスルスーツ」は装着者の腰かかる負担を大幅に軽減します


 「腰補助用マッスルスーツ」は装着者の中腰姿勢~直立状態までの腰にかかる負担を分散・補助することにより、腰痛の発生を防止するウェアラブル・ロボットです。
腰を守る事によって腰疲労の蓄積を改善して、腰痛の発生率が多い環境を改善することができる腰痛リスクアセスメント対応型の環境改善商品でもあります。


 マッスルスーツの各部名称

構造

 背中フレームは、腿フレームの回転軸を中心に振り子の軌道に移動する構造です。背中フレーム内に人工筋肉の片端が固定されており、もう片端にはワイヤが取付られています。ワイヤの多他端は腿フレームの回転軸周りに設置されたプーリーに固定されています。

腰補助の動作原理

人工筋肉収縮により腿フレームに固定されたワイヤが引張られ、①方向に背中フレームが「回転軸」周りに回転し、上半身を起こします。その力の反力は、腿フレームを②方向に回転させるので、腿パッドにより、その回転を抑えます。よって、膝を曲げて持上げるときは、膝を伸ばす補助力も与えます。

安全なMckibben型人工筋肉


 ゴムチューブを筒状のナイロンメッシュで包みこんで両端をかしめた構造になっています。このゴムチューブに圧縮空気を注入すると、ゴムチューブがナイロンメッシュにより収縮方向に膨張して、ゴムチューブ長が短くなることにより、強い引張力(補助力)が発生します。この引張力はモーター等と違い滑らかに増減し、その収縮長は最大でも全長の30%程度なので、安全に利用することができます。
 マッスルスーツの原理 人工筋肉
各部名称

腰補助用マッスルスールには、4種類のモデルがあります

モデル 標準 軽補助 スタンドアローン
タイトフィット
スタンドアローン
ソフトフィット
 
最大補助力 約35kgf 約25kgf 約25kgf  約25kgf
動力供給方式 コンプレッサ常時接続又は、
高圧タンク装備
装着時に手動ポンプにて充填 
操作(制御方法) 呼気スイッチ又は、タッチスイッチ
不要(動作に追従)