トラック/重機/バン/建機(主にディーゼル車)

  • 安全性、保証案内

ION POWER P-T-Xイオンパワーパススルー 燃料タンク上部の燃料ホースを取り外し、商品につなげるという簡単な作業で、約10%※燃費を改善させることができます。

  • ※改善率は、フェニック社実施の実機計測による数値で、エンジン形式、運行状況等により変化します。
  • ※改善率の保証は致しかねます。

燃費改善のメカニズムについて

燃焼効率を上昇させ燃費を改善
フェニックだけが持っている。特殊な燃料改質セラミックによるOHラジカル倍増効果で瞬発的燃焼促進を実現します。
燃焼効率を上昇させ燃費を改善
  • 燃料が希土鉱石を含んだセラミックボールの中を通過
  • 希土鉱石から放出される微量の放射線エネルギーで燃料の分子が活性化(不安定化)
  • 活性化した燃料分子と酸素分子の結合速度が向上
  • その結果燃焼速度&完全燃焼レベルが向上
  • 燃費改善が実現

質量が同じであれば燃料は同じ。フェニックアルファTMは薪を割る役割をしています。

同じ質量の燃料でも燃えやすい状態に改質することで、燃焼効率が高まります。
そして(同じ単位燃料当たりから)より多くのチカラを取り出すことが出来るのが
直接的効果です。

工場から倉庫まで1,000の運動エネルギーが必要な場合 1リットルから100のチカラなら10リットル 1リットルから110のチカラなら9.1リットル 消費する燃料は9.1%は節約できる 同じ運動量を少ない燃料で実効することができれば結果、燃費改善につながります。これがフェニックの効果です。 ※燃費改質から生まれたパワーを、急発進・急加速というエネルギーロスとなる運転で浪費すると燃料改善につながりません。

製品効果概要

燃料種別燃費改善率

燃料種別 陸上車輌 重機・建機 船舶 ボイラー
軽油 8~10% 約9% 9~11% 4~5%
A重油 約8% 6~8% 4~5%
C重油 3~5%
  • ※本表の改善率は、フェニック社実施の実車計測による数値です。改善率はエンジン形式、運行状況等により変化します。
  • ※改善率の保証は致しかねます。
  • ◎公的計測期間【(財)日本自動車研究所・つくば市】でのベンチテストの結果(エンジン1600rpm時において)出力向上率6.11%
    燃費改善率7.04%の効果が確認されています。
  • ◎公共工事NETIS(新技術情報提供システム)登録(燃費の改善、排出ガスの低減が期待できる製品として唯一)
  • ◎日本国内船舶平成18~25年度導入補助金の対象製品
  • ◎高い安全性を実証 → 日本海事協会の製品安全基準に適合認定

パワースルータイプ
パワースルータイプ

燃料コストの削除

燃料コストが落着いている今こそ更なるコスト削減の絶好のタイミングとも言えます

軽油価格週次遷移(東京)

フェニックアルファ導入→燃費改善→コスト削減

初期投資不要のレンタル方式で、月々の経費削減も可能です

燃料計費の節約分は営業利益の増加に直結します!!  燃料経費削減による利益増効果は同じ

例えば、大型車10台で月250万円の燃料代を8%節約できれば月20万円の経費節約→この金額はそのまま営業利益の増加につながります。
これは売上が660万円(車輌6台増車)アップして、達成ができるのと同じ効果とみなすこともできます。
※売上高利益率3%の場合

  • 営業者/タクシー(主にガソリン車、LPG車)
  • 船舶/ボイラー